​ウェルポイント工法

ウエルポイント工法とは、ウエルポイントという長さ70cm外径50mmのストレーナー減過網をもった吸水管に、Φ1 1/2"長さ5.5m~7mの吸水管(Riserpipe)を取り付けたものを地盤中に多数打ち込んで小さな井戸のカーテンを作り、Well pointポンプで強力に地下水を吸収低下させ、必要な区域の地下水を揚水し地下水位を低下させると同時に、さらに経済的な軟弱地盤の改良工法として広く普及されております。


ウエルポイント工法の目的は、地下水面以下の掘削工事に於て従来の工法で困難を伴う土質に適用され、経済性・安定性・能率性を高度に発揮するものであります。


このウエルポイント工法の特長としては
1. 地下水位の低下
ドライワークによる土木工事の容易(水圧、土圧の軽減)からくる土留工事の簡素化・安全・工期の短縮、ひいては工事費の軽減
 

2.土のセン断強度増加
切取(掘削)、盛土法面の安定と、掘削底面の地盤強化
 

3.圧密有効圧の増加
浮力の減少による地盤強度の増加
 

4. 負圧の効果
軟弱地盤改良の圧密促進効果
等があげられます。


ウエルポイント工法は、地下水位の低下や土の安定性を増し、工事中はドライワークで仕事を仕上げる事ができるので、従来のような危険も除去でき、確実に又経済的に工事を仕上げることが出来ます。

wellpoint01.jpg
wellpoint02.jpg
about-wellpoint-01.jpg

地下水位低下工法例-(1)

[軟弱地盤改良工事-地下水位低下・軟弱地盤先行圧密工事]

wellpoint03.jpg

地下水位低下工法例-(2)

[燃料パイプ埋設工事-掘削面・法面安定工事]

wellpoint04.jpg

地下水位低下工法例-(3)

[下水道管埋設工事-掘削法面安定工事(1列)]

wellpoint05.jpg

地下水位低下工法例-(4)

[導水路幹線工事-掘削法面安定工事(2列)]

wellpoint04.jpg