日本ウェルポイント協会からのごあいさつ

本工法は構造物の基礎掘削に、海浜埋立地の地盤改良に、技術革新に伴うプラント群の建設に、上下水道工事等々益々その威力を発揮しております。また最近では、一度揚水した地下水を地中に還元する、即ち帯水層の涵養のために使われ始めました。

当協会といたしましても、本工法の実施によって、いささかなりとも建設事業並びに環境保全に貢献し、社会の新しいニーズと期待に応えるべく、より安全な施工と環境維持のための技術向上に努力を続けております。

私共は、本工法の重要性を認識し、より一層の技術向上を図るべく留意いたしております。

​ご理解とご協力を賜り、本工法とウェルポイント施工技能士有資格者の活用を重ねてお願い申し上げる次第であります。

新着情報
新着情報
会員用情報
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
CP183.JPG

ウェルポイント工法

​地下水面以下の削減工事において従来の工法では困難を伴う土質に適用され、経済性・安定性・能率性を高度に発揮します

CP103.JPG

ディープウェル工法

地下水位低下・被圧水の減圧・軟弱地盤の改良などに最適で、建設工事の基礎工事に幅広く普及しています

CP049.JPG

​リチャージウェル工法

地下水の揚水に伴う地下水位の低下によって生ずる地盤沈下などの被害を軽減、または防止するための工法です